にっぽんの温泉100選ニュース

にっぽんの温泉100選から観光だけでなくビジネス情報、そして美味しい情報をお届けします。

にっぽんの温泉100選ニュース

【日本温泉ランキング】予約サイトで選ばれた温泉地×プロが選んだ温泉地~東日本編【2022年9月】


この記事をシェアする ( )

Twitter facebook LINE

プロの目線、そして実際に予約されている宿からの人気温泉地ランキングを、
次のご旅行の参考にどうぞ

いろいろなランキングを組み合わせた東北10選の動画を編集した時、にっぽんの温泉100選2021、じゃらん、ゆこゆこのランキングを参考にしました。

温泉100選は旅行業界のプロ向けのアンケート、じゃらんはユーザアンケートで、ほぼ同じようなランキングになります。
ゆこゆこは結構な違いがあり、面白かったので今回記事にしてみました。

このBlogを見る方は温泉好きも多いのでゆこゆこをご存じの方も多いと思いますが、改めて紹介します。

ゆこゆこ

国内の温泉旅館・宿・ホテルの宿泊予約サイト。
一万円以下で泊まれる格安の宿から露天風呂付客室のある贅沢な宿まで勢ぞろい!


ゆこゆこランキング

直近一年間にゆこゆこネット経由で予約・宿泊が多かった全国の人気温泉地をご紹介。
江戸の頃の温泉番付にも登場した名湯、日本を代表する名湯が多数ランクイン。
今も昔も名湯は人々の心を魅了し続けています。
更新日:2022/9/2

ー出典:ゆこゆこ公式サイト

 

北海道

ゆこゆこランキング

登別温泉

  1. 登別温泉
  2. 洞爺湖温泉
  3. 阿寒湖温泉
  4. 定山渓温泉
  5. 湯の川温泉
  6. 十勝川温泉
  7. 層雲峡温泉
  8. 函館温泉
  9. 虎杖浜温泉
  10. 帯広温泉

毎週、ビジネス情報と観光情報の2つの温泉記事を投稿しており、温泉100選は最新ランキングだけでなく記事にしたこともあります。

それでも初めて温泉ランキングで目にする温泉地が北海道から早速登場します。
虎杖浜温泉(こじょうはまおんせん)です。

登別から近い場所にありました。
海から近くて、食事は美味しそうですね。

そして10位の帯広温泉も目にしたことがありませんでした。
改めて場所を調べてみたら、十勝川温泉との距離が10kmもないんですね。

温泉100選

  1. 登別温泉(にっぽんの温泉100選2021:全国6位)
  2. 十勝川温泉(同22位)
  3. 湯の川温泉(同24位)
  4. 定山渓温泉(同39位)
  5. 層雲峡温泉(同43位)
  6. 洞爺湖温泉(同48位)
  7. 阿寒湖温泉(同52位)
  8. ウトロ温泉(同53位)
  9. 川湯温泉(同59位)
  10. 平磯温泉(同70位)

8~10位の温泉地は、かぶりがありません。

こちらの10位、平磯温泉は"にしん御殿"と呼ばれる「銀鱗荘」が1軒あるのみなので、ゆこゆこでランクインすることはなさそうです。
このズレは妥当でしょうね。

 

東北

ゆこゆこランキング

鳴子温泉街 -出典:宮城県観光プロモーション推進室

  1. 鳴子温泉郷
  2. 会津東山温泉
  3. 秋保温泉
  4. 飯坂温泉
  5. 松島温泉
  6. 磐梯熱海温泉
  7. 芦ノ牧温泉
  8. 蔵王温泉
  9. 雫石高倉温泉
  10. 照島温泉

飯坂は最新の温泉100選ではランク外ですが、100選2020ではランクインしていました。

温泉100選ではあまり目にしないのが松島、雫石高倉、照島と3箇所もあります。
松島、雫石は知名度の高い名前なので場所のイメージは湧きますが、照島は初めて聞きました。

太平洋に面した浜通り地区の南端、いわき市小名浜にあるリゾート温泉地。

雪も少なく、南からの黒潮の影響で年間を通じて温暖な気候に恵まれる一帯は、「東北の湘南」と呼ばれ発展を遂げている。

暖流の黒潮と寒流の親潮がぶつかり合う沖合い「潮目の海」は、四季を問わず豊富な海の幸に恵まれる絶好の漁場。

小名浜港に水揚げされる新鮮な魚介は、どれも絶品ばかりだ。 

-出典:ゆこゆこ公式サイト

いわき市にはいわき湯本温泉があり、過去には温泉100選にランクインしていたこともあり訪れたことがありました。
いわき湯本から10km程度の場所にあります。

温泉100選

銀山温泉

  1. 銀山温泉(同13位)
  2. 乳頭温泉郷(同14位)
  3. 鳴子温泉(同21位)
  4. 蔵王温泉(同30位)
  5. 花巻温泉郷(同34位)
  6. 秋保温泉(同35位)
  7. 酸ヶ湯温泉(同42位)
  8. 高湯温泉(同53位)
  9. 母畑温泉(同56位)
  10. 玉川温泉(同59位)

全国ランクでも13位の銀山温泉は、ゆこゆこにはランクインしてきません。
部屋数の規模的なことに起因するかもしれませんね。
全国14位と上位の乳頭温泉郷も同様かと思われます。

なお「プロが選ぶ日本のホテル・旅館100選2022」(旅行新聞新社)で1位の「八幡屋」は母畑温泉にあります。
あつみ温泉(同65位/東北12位)にはホテル・旅館100選にランクインしている宿泊施設が2軒あります。

そのどちらも、ゆこゆこにはランクインしていませんね。

関東

※伊豆箱根はこのあと別エリア区分で登場しますので神奈川の一部エリアは関東に含まれていません。

ゆこゆこランキング

鬼怒川温泉

  1. 鬼怒川温泉
  2. 草津温泉
  3. 伊香保温泉
  4. 塩原温泉
  5. 万座温泉
  6. 那須温泉
  7. 奥軽井沢温泉
  8. 白浜女来島温泉
  9. 湯西川温泉
  10. 水上温泉

なんと鬼怒川温泉が1位です。

私も訪れたことがあり「おいしい温泉地」として、新宿からのアクセスも便利で好きですが、それにしても1位とは驚きました。
廃墟が話題ですが、それでもこの人気が実際のところなんでしょうね。

8位の温泉地はお恥ずかしい話、読み方すら知りませんでした。
「しらはまめらいじま」と読むそうです。
和歌山の白浜(同33位)ではなく千葉の白浜ですね。
そしてここがすごいのが、宿は「グランドホテル太陽」の1軒しかないのにランクインしていることです。

温泉100選

草津温泉

  1. 草津温泉(同1位)
  2. 伊香保温泉(同15位)
  3. 鬼怒川・川治温泉(同17位)
  4. 万座温泉(同27位)
  5. 四万温泉(同43位)
  6. 塩原温泉(同50位)
  7. みなかみ18湯(同51位)
  8. 那須温泉(同58位)
  9. 湯西川温泉(同59位)
  10. 日光湯元温泉(同92位)

ゆこゆこは千葉からランクインがありますが、温泉100選は群馬と栃木の温泉地で占められています。

東京は江戸や明治時代の温泉番付でランクインしたことがある小河内温泉(ダム建設で水没)がありました。
埼玉も温泉がいくつかあるイメージがありますが、それにしても栃木と群馬の温泉力の強さはすごいですね。

伊豆箱根

ゆこゆこランキング

熱海温泉街

  1. 熱海温泉
  2. 伊東温泉
  3. 湯河原温泉
  4. 箱根仙石原温泉
  5. 伊豆長岡温泉
  6. 土肥温泉
  7. 熱川温泉
  8. 熱海伊豆山温泉
  9. 修善寺温泉
  10. 箱根湯本温泉

伊豆箱根というエリア区分がいいですね。
今度、このエリア区分で動画を作ってみたくなりました。

個人的には堂ヶ島温泉(過去に温泉100選にランクイン実績あり)が入ってきそうな感じもありますが、ほぼ予想どおりですね。

長岡温泉、熱海伊豆山温泉は江戸明治の温泉番付でもランクインしています。

温泉100選

箱根湯本駅周辺

  1. 箱根温泉(同5位)
  2. 熱海温泉(同20位)
  3. 修善寺温泉(同37位)
  4. 観音温泉(同46位)
  5. 稲取温泉(同49位)
  6. 湯河原温泉(同70位)
  7. 伊東温泉(同70位)
  8. 下田温泉(同92位)

観音温泉はそれほど大規模ではない1施設のみの温泉地なので、ゆこゆこにはランクインしなさそうですね。

※温泉100選では箱根は「箱根十七湯」として湯ノ花沢温泉、湯本温泉、姥子温泉、底倉温泉蛸川温泉塔之沢温泉仙石原温泉大平台温泉二ノ平温泉宮ノ下温泉宮城野温泉小涌谷温泉木賀温泉堂ヶ島温泉芦之湯温泉強羅温泉芦ノ湖温泉をまとめています。

その他

・エリアは、ゆこゆこの区分にのっとっています。

・ゆこゆこのデータはエリア別トップ10が選ばれていますが、温泉100選はエリア別に選ばれているわけではないため、エリアによっては温泉地が10に満たない場合があります。
予めご了承ください。

 

Blogを編集しながら、ゆこゆこの公式サイトで情報を確認していたら、2022年10月2日にランキングが更新されていました…
このBlogとは一部情報が異なりますので、ご了承ください。

温泉100選で全国トップ10入りしているものの、ゆこゆこではランクインすらしていない温泉地がある西日本編でまたお会いしましょう。

最後までお付き合いいただき、ありがとうございます。

 

こんなに小さいにもかかわらず10,000mAhもあるんですね。