にっぽんの温泉100選ニュース

にっぽんの温泉100選から観光だけでなくビジネス情報、そして美味しい情報をお届けします。

にっぽんの温泉100選ニュース

【温泉地 Biz+】草津、別府、有馬、宇奈月他ニュース(7/17週)

⏳この記事は約2,200文字です。約5分半で読めます⌛

観光経済新聞による温泉ランキング「にっぽんの温泉100選」から、各温泉地が仕掛けるさまざまなビジネス(アイデア)のニュースを『温泉地Biz+』と称して取り上げています。

地域活性、地方創生につながっていくことを期待しています。

温泉地名横のランキングは、「にっぽんの温泉100選2021」のものです。

エリア別に一覧を掲載しています。

群馬|草津(1位)・伊香保(15位)・四万(43位)
大分|別府(3位)・由布院(9位)
兵庫|有馬(7位)・湯村(68位)・洲本(81位)
神奈川|箱根(5位)
新潟|月岡(19位)・越後湯沢(83位)
北海道|十勝川(22位)・定山渓(39位)・洞爺湖(48位)
岐阜|飛騨高山(26位)
和歌山|白浜(33位)
岩手|花巻温泉郷(34位)
静岡|修善寺(37位)
長崎|雲仙(38位)
栃木|那須(58位)
福岡|原鶴(69位)
山形|かみのやま(77位)・湯野浜(89位)
長野|上諏訪(79位)
香川|こんぴら(84位)

観光地の再生・観光サービスの高付加価値化事業の52地域が決定

観光庁は、「地域一体となった観光地の再生・観光サービスの高付加価値化事業」の第2回地域計画について、全国52地域を採択した。
この事業は、観光地再生に向けた意欲のある地域において、観光地再生の専門家派遣の支援(伴走支援)を実施し、地域とともに観光地再生に向けた計画作りを進めるもの。
-出典:『トラベルボイス』記事

この52地域を調べてみました。
「温泉100選2021」でランクインしている地域の団体とそれ以外で分けています。

【ランクインしている温泉地がある地域の団体】

  1. 十勝川温泉旅館協同組合

  2. 定山渓観光協会

  3. 洞爺湖温泉観光協会

  4. 花巻市 ※花巻温泉郷

  5. 銀山温泉組合

  6. 湯野浜100年株式会社

  7. かみのやま温泉旅館組合

  8. 那須町 ※那須温泉

  9. 中之条町 ※四万温泉

  10. 草津温泉観光協会

  11. 渋川市 ※伊香保温泉

  12. 箱根温泉旅館ホテル協同組合

  13. 新発田市観光協会 ※月岡温泉

  14. 湯沢町観光まちづくり機構/雪国観光圏 ※越後湯沢温泉

  15. 諏訪観光協会 ※上諏訪温泉

  16. 飛騨高山旅館ホテル協同組合

  17. 伊豆市産業振興協議会 ※修善寺温泉

  18. 新温泉町 ※湯村温泉

  19. 神戸観光局 ※有馬温泉

  20. 淡路島観光協会 ※洲本温泉

  21. 和歌山県白浜町 

  22. 琴平町観光活性化協議会 ※こんぴら温泉

  23. 原鶴温泉旅館協同組合

  24. 雲仙市

  25. 別府市

  26. 由布市 ※由布院温泉

    渋川市は採択を受けたことを発表して記事にもなっていました。
    情報発信は大事ですね。

    景観美化や廃屋撤去などの事業を行うようです。
    草津修善寺、こんぴらでも同じ内容が資料に紹介されています。
    ※『トラベルボイス』記事内からPDF資料をダウンロードできます。

【上記以外】

  1. 「美しい」のその先へ。WA!がまち、ふらの Project2022 実行委員会 北海道富良野市街地

  2. 小樽市 北海道小樽運河周辺エリア及び朝里川温泉

  3. 千歳市 北海道千歳市街地

  4. 男鹿市 秋田県男鹿温泉郷及び男鹿北部地域

  5. わくわくカンパニー大多喜(DMO) 千葉県養老渓谷

  6. 佐渡観光交流機構 新潟県佐渡島

  7. まちづくり小浜 福井県小浜市街地

  8. 小谷村 長野県小谷村エリア

  9. 立科町 長野県立科町

  10. WAKUWAKU浅間温泉 長野県浅間温泉

  11. 伊豆市産業振興協議会 静岡県土肥温泉

  12. 鳥羽市 三重県鳥羽市全域

  13. 宮津市 京都府宮津天橋立温泉郷

  14. 舞鶴市 京都府舞鶴市街地

  15. 亀岡市 京都府湯の花温泉~JR亀岡駅北側エリア

  16. 京丹後市 京都府京丹後市

  17. 江津市 島根県有福温泉

  18. 美作市 岡山県湯郷温泉

  19. 萩市観光協会 山口県「萩城下町」エリア等

  20. イーストとくしま観光推進機構(鳴門PJ) 徳島県鳴門エリア

  21. イーストとくしま観光推進機構(徳島PJ) 徳島県徳島中心市街地エリア

  22. 小豆島観光再生活性化会議 香川県小豆島

  23. 唐津市 佐賀県呼子周辺エリア

  24. 太良町竹崎かに旅館組合 佐賀県たら竹崎温泉

  25. 長崎市 長崎県長崎市街地

  26. 人吉市 熊本県人吉市街地エリア

全地域のうち、なんと半分が温泉ランキングに入っているエリア(団体)で、それ以外にも「温泉」が明記されているエリアが8つも入っています。

一方で温泉100選2021のベスト10のうち、下呂温泉(温泉100選2021の2位)、道後温泉(同4位)、登別温泉(同6位)、指宿温泉(8位)、和倉温泉(10位)は採択の対象には含まれていません。

うまく今後のインバウンドにもつなげて温泉コンテンツで世界からお迎えしたいですね。

そして、呼子(いか)、かにの名前も見えますね。
食のアピール、開発も合わせて重要に思えます。

富山|宇奈月(47位)

スキー場をキャンプ場利用する実証実験開始

すでにさまざまな場所でキャンプ場利用、転用が行われています。

環境破壊につながったことなどほとんど聞いたことありませんし、あまり開発がいらないので、元に戻すこともあまり手間がかからないと思います。
すでにスキー場で利用されていたトイレはあるでしょうしね。

シャワーがあればさらによかったと思いますが、スキー場の公式サイトでは情報を見つけることができませんでした。

強いていうと、それほど儲かっているキャンプ場施設は多くないという点でしょうか。

通年利用できる施設に見直したり、冬もBBQができるようにするほか、駐車場を車中泊可能スペースに変えるなど、トライできることはいろいろありありそうです。

 

最後までおつきあいいただき、誠にありがとうございます。

ブログランキング・にほんブログ村へ